総務のことならアウトソーシング業者に全てお任せ!

  1. ホーム
  2. 業者にお任せする

業者にお任せする

名刺

文字単価と項目で決定する金額

アンケート関連のデータ入力代行は有名なのですが、こちらを始めとした名簿入力・はがきに関する入力はほとんどの業者が同じような料金となっています。基本的に文字単価にして1円が主流で、その都度項目の多さによって変動する形となっています。つまり、その項目が多ければ多いほど単価の計算に入る額が増えるため、必然的に総額も大きくなるので注意しましょう。いくら単価とは言え、その入力項目の数の多さで全く金額が違います。名刺以外であれば、4項目位になるため、データ入力代行の金額は9円くらいで収まります。ただ、名刺は情報量が多いため、項目は8〜10項目程に昇ります。そのため、金額としては50円前後となります。金額を見る際には項目がどれだけ必要なのかを事前に打ち合わせしながら決定しましょう。

労働環境や仕事効率も改善させられる

名刺は用紙管理していると、どこに何をしまってあるのか分からなくなってしまう事があります。そうなるとちょっと情報が知りたいだけでも探すのに手間が掛かり、非常に業務効率が悪くなってしまいます。そこで、データの入力を行なってくれる業者に名刺管理を依頼することで、職場の全員で共有してパソコンから見れるように整理しておくのです。データ入力代行と言うのは、ただ単に整理をしてスッキリさせてくれるだけでなく、仕事の効率を改善させられる特徴を持っています。このメリットをあらゆる面で活かせば、労務管理も改善される可能性があります。職場への不満も少しずつ解消され、ストレスのない環境が作れます。売上アップにももちろん貢献する確率が高く、たかが名刺と言えども電子データ化する事は有意義なのです。